Popular cars

  • キャデラック・エスカレードキャデラック・エスカレードキャデラック・エスカレード(Cadillac Escalade )は、アメリカのゼネラルモータース(GM)が同社の高級車部門にあたるキャデラック・ブランドで製造・販売している大型高級SUV。初代よりラダーフレーム(はしご型)を採用している。当初、エスカレードは、1997年にフォードが発売したリンカーン・ナビゲーターが成功したことを受けて、GMが高級SUV市場に意義を見出し、その対抗車種として企画された。日本においては、2代目(GMT800)よりGMの現地法人であるGMアジア・パシフィックジャパン(現ゼネラルモーターズ・ジャパン)が輸入を行っているが、エスカレードはハマーやスタークラフト同様、三井物産オートモーティブにより輸入・販売が行われていた。しかし、GMの日本における戦略変更に伴い、三井物産でのGM車正規輸入権が2011年11月1日付でGMジャパンに譲渡され三井でのGM車輸入販売は終了。引き続きGMジャパンで販売される事になった。日本への正規輸入開始時はベースグレードのみであったが、GMジャパン取扱開始時に最上級グレード「プラチナム」を追加した。尚、ESV(ロングボディー)、EXT(ピックアップトラック)、ハイブリッドは正規輸入されていない。
  • リンカーン・ナビゲーターリンカーン・ナビゲーターリンカーン・ナビゲーター(Lincoln Navigator )はアメリカのフォード・モーターが同社の高級車部門にあたるリンカーン・ブランドで製造・販売している大型高級SUVである。フォード・エクスペディションをベースとして開発されたナビゲーターは1998年にデビューし大ヒットを記録。2001年にはアメリカの大型SUV市場の実に4割がナビゲーターによって占められていた。ナビゲーターのヒットに気を良くしたフォードは、高級ピックアップのブラックウッドと高級ミッドサイズSUVのアビエーターを相次いで投入したが、いずれも失敗に終わっている。ナビゲーターは2003年に2代目に移行。さらに2006年2月のシカゴ・モーターショーでフェイスリフト版が発表され、新たにロングボディ版も追加された。その後2008年5月21日からフォード・ジャパン・リミテッドより3代目の正規輸入が開始された。当初ナビゲーターは日本に正規輸入されず、全て並行輸入(型式不明)車となっていたが、2008年5月21日にフォード・ジャパン・リミテッドより正規輸入を行なう旨の発表と同時に販売を開始した。並行輸入車も新車並行の北米仕様、南米仕様、一部では中東からの中古並行など出所不明のものもあり、維持管理面でさらに知識が要求される。
  • ハマーH2ハマーH2ハマー(HUMMER)はかつて存在したアメリカの自動車メーカー・ゼネラルモータース(GM)の大型高級SUVブランド。1992年に設立され、18年間使用されたのち2010年に廃止された。シボレー・タホをベースとして、H1の雰囲気を踏襲したフルサイズSUVであり、軍用車との関連は無い。そのため、アクスルは、フロントがダブル・ウィッシュボーン、リアはリジッドと極一般的なものとなり、アクスル間のフレームも低く、さらにはトランスファーケースなどがぶら下がっており、そのシルエットはH1とはまったく異なるものになった。しかし、それと引き換えに、低く平らなフロアによる良好な居住性と、アメリカ人が好むGMのSUVの乗り味を獲得し、マニア以外からはむしろ歓迎される結果となり、高所得者層を中心に、当初からセールスは好調を維持した。2002年よりGMが生産。日本では三井物産オートモーティブが輸入。米国ではフォード社のリンカーン・ナビゲーターやキャデラック・エスカレードと並ぶ高級SUVである。SUVのH2のほか、ピックアップトラックの「H2 SUT」も販売されている。「SUT」とは「Sport Utility Truck(スポーツユーティリティトラック)」の略で、SUVとピックアップトラックを掛け合わせたタイプの車を意味している。H2 SUTはH2の2列目座席より後ろからそのままルーフを取り払ったデザインになっており、フロントウインドシールド上部に専用のマーカーランプが付いている。
  • クライスラー・300クライスラー・300クライスラー・300(Chrysler 300)は、クライスラー社がクライスラーブランドで販売する自動車。1955年に始まった往年のクライスラーを代表する高級セダンである「クライスラー・300レター」シリーズを近代的にアレンジしたモデルである。「イーグル・ビジョン」(欧州や日本ではクライスラー・ビジョンとして発売された)の後継モデルとして1999年に発売。「300」の名前を久々に復活させたモデルで、3.5リッターV6エンジンを搭載したFFレイアウトのフルサイズセダンである。プラットフォームはビジョンに引き続いてLHプラットフォームが用いられた。「300M」のネーミングは往年の「300L」の次代モデル、という意味でつけられた。これは300Mが単なるリバイバルではなく、「300レター」シリーズとして継続しているということを意図しているととれる。車体は欧州の高級車勢を意識して5mを超える長さとなっており、これにより広い室内空間を確保している。また、300シリーズを名乗るにあたりビジョンからコンセプトの変更が行われ、ビジョンではミドルエンドであった位置付けをより高級志向へとシフトさせている。なお、1999年には米モータートレンド誌の主催する北米カー・オブ・ザ・イヤーに選出されている。2004年まで製造され、その後フルモデルチェンジして「クライスラー・300」となった。
  • ダッジ・マグナムダッジ・マグナムマグナム (Magnum) はクライスラー社の一部門である「ダッジ」が販売していた自動車。マグナムの名を持つモデルは2種類存在する。 初代は1978年から1年間だけチャージャーの後継モデルとして生産された2ドアハードトップで、2代目は2004年から生産されたステーションワゴンである。スタイルが大きくかけ離れた両者だが、どちらにも共通していることはチャージャーとプラットフォームを共有し、ハイパワーなエンジンの設定がある点である。2004年に復活したマグナムであったが、2008年に300ツーリングへ一本化、販売の芳しくなかった北米ではマグナムの販売は終了した。また、「マグナム」の名は南米ではダッジ・ダートに宛がわれていた。 マグナムはNASCAR参戦のために、チャージャーSEをベースに生み出されたモデルである。1978年当時、クライスラーはNASCARにチャージャーSEで参戦していた。 チャージャーSEは市販モデルとしては優秀であったが、そのベースは1974年から大きく変化しておらず、レースカーのベースとして鑑みた場合、デザインなどが旧態化しており空力面などでいささか不利になる要素を含んでいた。そこでチャージャーをベースにデザインを見直し、性能を向上させたモデルとしてマグナムが企画された。

MENU

popularcar gallery used car stores

EVENT

  • アメリカンカーフェスタ
    毎年夏に行われる国内最大級のアメ車イベント。アメ車ファンのみならず、カスタマイズカーのイベントとして毎年多くの来場者でにぎわっています。
  • スーパーアメリカンフェスティバル
    日本最大級のドラッグレースとアメ車、ハーレーのイベントです。日本で最高のドラッグレースチームやアメ車やハーレー、ローライダー、SUV、国産カスタムが大集合します。
  • スーパーウィークエンド
    最もエキサイティングな週末! フリーマーケットとカー&モーターサイクルショーが合体した国内屈指の大型エンターテイメントショー。
  • ストリートカーナショナルズ鈴鹿
    1920年代から現代までのアメリカンカスタムカーを中心に、500台以上もの日米のカスタムカーが鈴鹿サーキットに大集結。